福井ブランド大使マイページにログインする

文字サイズの変更 小中大

English


ふくいブランド > ふくいの地域ブランド

 福井県が全国に誇る地域資源を磨き上げ、全国に誇れる「地域ブランド」とするべく、地域グループ・団体とともに取り組んでいます。
 現在、応援している、または過去に応援していた事業(プロジェクト)はこちらです。

三国湊

三國バーガー
三國バーガー

 北前船の海上交通に要として栄えた坂井市三国町の湊町には、豪商の面影を残す旧家・旧岸名家や大正ロマンの息吹を感じるレトロな旧森田銀行本店などの町並みが残され、当時の賑わいを今に伝えています。中心部にある「三國湊座」では、各種イベントの会場として利用されるほか、ご当地バーガーとして人気の「三國バーガー」などを味わうことができます。

癒しと体験の旅を求めて「永平寺」プロジェクト

大燈籠流し
大燈籠流し

 1244年に道元禅師が座禅修行の場として創建した曹洞宗大本山永平寺。この永平寺に因んだ、花祭りや冬の灯籠まつりなどの行事や永平寺での座禅体験など、「癒し」を求めて旅するのに最適です。特に、毎年8月に行われる大燈籠流しは有名で、ライトアップされた九頭竜川の河原で僧侶らが読経を行い、先人たちへの愛と感謝・供養の思いを込めた燈籠が流されます。一万基もの燈籠が光の帯となって漂う幻想的な光景は、俗世に生きる人々の疲れた心を清らかに洗い流すかのようです。

敦賀ラーメン

 今から50年前の昭和28年、1台の屋台からスタートした「敦賀ラーメン」。その後。徐々に屋台の数が増えていき、昭和40年代には中華料理店もオープンし、また、国道沿いに最大で15台もの屋台が立ち並び、「ラーメン街道」といわれるほどの賑わいとなりました。現在は、店を構えるところや屋台を守りとおしているところ、中華料理店などさまざまな人たちの手により、「敦賀ラーメン」のおいしさが保たれています。

若狭三方五湖やすらぎと共生プロジェクト

 ラムサール条約にも登録されている三方五湖においてエコツアーを企画しており、田植えや釣りなどの自然体験をすることができ、ヒトと自然がおりなす田舎の風景を舞台に、湖、海、農業、漁業、歴史・・・
 などをまるごと体感できる空間を楽しむことができます。

あわら湯けむり創生プロジェクト

湯めぐり手形
湯めぐり手形

 関西の奥座敷と呼ばれるあわら温泉は開湯120年の歴史を持つ県内随一の温泉地です。地元の「あわら湯けむり創生塾」では「あわら湯のまち駅」に併設された情報収集・発信基地の「おしえる座ぁ」において、おもてなしを提供しています。3つの温泉が楽しめる「湯めぐり手形」の販売や後ろに牽引車のついた日本初の2人のり自転車「湯めぐり号」のレンタルなどを行っています。
 また、2007年12月には駅前に「屋台村」がオープン。温泉街のにぎわいの創出につなげていきます。