福井ブランド大使マイページにログインする

文字サイズの変更 小中大

English


ふくいブランド > 健康長寿ふくい「福井の恐竜」

恐竜

恐竜のロマンがドラマチックに蘇る。

画像

 福井県は、まさに「恐竜王国」と呼ぶにふさわしく、国内随一の恐竜化石の産生地です。
 福井県の恐竜化石発掘は、昭和57年に、勝山市北谷町の杉山川河岸で、中生代白亜紀前期のワニ化石が発見されたことに始まります。昭和63年には、同じ場所で、福井県立博物館(当時)が恐竜化石の発掘を目指して予備調査を実施したところ、期待通りに肉食恐竜の歯などを発見しました。この調査を踏まえ、平成元年から5ヶ年計画で化石発掘調査に取り組み、肉食や草食恐竜をはじめとする多数の歯や骨、足跡等の化石を発見・採取することができました。
 その数は、日本で発掘された恐竜化石の大部分を占め、さらに、恐竜の連続歩行の足跡化石群や、肉食恐竜の「かぎづめ」が国内で初めて完全な形で発見されるなど、その質としても非常に優れていました。こうしたことから、福井県は日本の恐竜研究の中心として注目を集めるようになったのです。

国内最大のスケール、福井県立恐竜博物館。

福井県立恐竜博物館

 この勝山市で、国際的な視野にたった恐竜研究の拠点となっているのが福井県立恐竜博物館。恐竜に特化した博物館の中では、世界で3本の指に数えられます。
 森の中に潜む、大きな恐竜の卵をイメージさせる外観。これは、世界的建築家である黒川紀章氏による設計で、建物には越前瓦など県産材が使われています。ドーム型の常設展示室には、45体の恐竜全身骨格が展示されており、そのうち6体は実物の骨格です。

恐竜復元模型

また、中国四川省の中生代を実物大に再現した巨大ジオラマや、対面スクリーンのダイノシアターで、恐竜時代を体感することができます。
 この他にも、恐竜などの生命を生み出し、我々に恩恵を与えてくれる地球を科目の目で見るコーナーや、生命の誕生から人類の出現までを、多様な標本と復元模型、図や解説などをまじえて展示しているコーナーも設けられており、子どもから大人まで楽しめる展示となっています。また、博物館では、著名な研究者による講演会や、恐竜化石発掘現場に赴いて、地層の観察や発掘体験を行う自然教室なども開催しています。

■お問い合わせ(電話)0779-88-0001

LOVE・アース・ふくい みんなで止めよう温暖化

中生代の福井県の住民であったフクイラプトルとフクイサウルスは、子どもたちに人気のカードゲーム「恐竜キング」のキャラクターとしても登場。子どもたちの熱い視線をあびるかたわらチームマイナス6%の一員として、地球温暖化対策にも貢献しています。

豆知識福井県勝山市で発掘された恐竜たち。

勝山市の恐竜発掘現場で採取された多くの標本から、恐竜たちが生活した豊かな環境が想像されます。ここで発掘された恐竜たちを紹介しましょう。

フクイラプトル

フクイラプトル(フクイラプトル・キタダニエンシス)

これはカルノサウルス類に属すると考えられる白亜紀前期の肉食恐竜で、全長が4.2メートルあります。ちなみにこの名前は「北谷産の福井の泥棒」という意味です。

フクイサウルス

フクイサウルス(フクイサウルス・テトリエンシス)

これはイグアノドン類に属する草食の恐竜で、全長が4.7メートルあります。イグアノドン類の進化の研究にとって重要な標本です。国産の恐竜で、初めて全身骨格の復元がなされた恐竜です。