福井ブランド大使マイページにログインする

文字サイズの変更 小中大

English


ふくいブランド > 健康長寿ふくい「福井の食」

食

いろいろあります、「食の國」福井のごちそう。

花らっきょ

花らっきょ

独特の香りの成分が、ビタミンB1の吸収を助けます。

小粒で身が締まり、シャキシャキッとした歯ごたえの良さが自慢の『花らっきょ』。小気味よい歯触りとまろやかな風味の秘密は、植え付けから収穫まで3年の歳月をかける3年掘と呼ばれる独自の栽培方法にあります。全国でもここだけという3年掘は、三里浜砂丘の砂の土壌があってはじめて実現できるもの。近年は、コレステロールを下げ血糖値の上昇をおさえる水溶性食物繊維のフルクタンを多く含む健康食品としても注目を集めています。

福井梅

福井梅

整腸作用や食欲増進、血圧の安定など多くの効用あり。

『福井梅』の歴史は古く、江戸時代天保年間に植えられた「平太夫梅(へいだゆううめ)」と「助太夫梅(すけだゆううめ)」に始まります。その後、明治初期の品種改良により「紅映(べにさし)」「剣先(けんさき)」が生まれ、『福井梅』の名称で知られるようになりました。「紅映」は梅干しや梅酒に、「剣先」は梅酒やシロップ漬けなどに利用され、いずれも肉が厚く種子が小さい良質の梅として、高い評価を獲得。皇室に献上されるなど大活躍です。

勝山水菜(かつやまみずな)

勝山水菜

ガンを防ぐ抗酸化性物質を、バランスよく含んでいます。

地元では、「勝山水菜は“とう”を味わう」と言われています。“とう”とはつぼみを付けた茎のことで、ガッシリとした“とう”には滋味あふれる味わいと豊富な食物繊維が詰まっています。火を通すと太い茎が驚くほどやわらかくなり、様々な調理方法が楽しめます。この『勝山水菜』の栽培は、江戸時代に始まったもの。秋に種が蒔かれ、雪の下で越冬し味も栄養素も鍛えられた勝山水菜は、まだ雪が残る2月下旬頃から収穫を迎える「雪国に春を呼ぶ野菜」です。

里芋

里芋

ぬめりに含まれる成分は、肝臓の解毒作用をサポート。

ぬめりが豊かで、身が締まって煮くずれせず、まろやかな甘みが口いっぱいに広がる・・・。まさに“理想の里芋”とも言える、福井の『里芋』。その食感の秘密は、名水の里である奥越地方の水はけの良い土壌と、昼と夜との激しい寒暖の差にあるそうです。地元では包丁で皮をむくのではなく、昔ながらの水車を使って皮をおとし、甘辛く煮込むのが定番のおふくろの味。また、里芋は1つの親芋から小芋、孫芋、曾孫芋と増えるので、子孫繁栄の縁起の良い食材としても人気です。

越(こし)のルビー

越のルビー

フルーティでビタミンたっぷり、宝石のような輝きを持つミディトマト。

強い甘さと程よい酸味を持つ「越のルビーは」、ピンポン玉程度の大きさの中玉トマトです。普通の大玉トマトより甘く、フルーツ感覚で食べられて水分やミネラル補給にも最適なので、美容効果を期待する若い女性にも人気です。栄養も満点で、通常の大玉トマトの約2倍のビタミンCを含み、老化防止や生活習慣病の予防にもなるリコピンや血圧低下作用のあるカリウム、鉄分など、健康によい成分がたっぷり。全国的に高い評価を受けており、皇室にも献上されています。

甘えび

甘えび

口いっぱいに広がるとろけるような甘さ。

甘えびの鮮度の良し悪しは、体の色で見分けます。透明度が高く、頭が黒っぽいものが良質とされています。また、生きたままや水揚げしてすぐのものより、一晩寝かした方が甘みが増し、より美味しく食べられます。海底がきれいな近海の水深200~500m付近の砂地で捕れる福井の『甘エビ』は、粘りや甘味が独特。艶やかな朱色の身を口に滑らすと、ほのかに潮の香りが鼻孔をくすぐり、とろけるようなまろやかな甘さが広がります。

若狭ふぐ

若狭ふぐ

日本で最も北に位置するトラフグの名産地。

美食の宝庫御食国若狭の冬といえば、越前がに、若狭がれい、そして「若狭ふぐ」。美しく環境に恵まれた若狭湾は、日本で最も北に位置するトラフグの産地で、全国第5位の生産を誇ります。身が締まってプリプリとはじける歯ごたえが絶品と高い評価を受けています。若狭湾沿いの旅館などで格安で若狭ふぐのコースを食べられるところもあり、忘新年会で利用する人もいます。毎年冬の訪れと共に、若狭ふぐのてっさ(刺身)やてっちり(鍋)、唐揚げなどを求めて、多くの食通たちが若狭を訪れています。また、お土産として、珍味「ふぐのへしこ(糠漬け)」も人気です。

越前がに

越前がに

全国で唯一、皇室に献上されるまさに冬の味覚の王者。

食するものを誰をもうならす、味覚の王者「越前がに」。日本海・越前海岸沖は、独特の地形に好環境に恵まれ、また漁場が非常に近いため全国的に珍しく生きたまま港に届けられます。このカニ漁は日本で最も古く江戸時代初期から行われています。身が引き締まり、淡白な中にも適度に脂がのったその味は至高と呼ぶにふさわしく、多くの美食家たちに愛されています。地元では雄を「ズワイ」、雌を「セイコ」と呼び、セイコの内子(卵巣)も、誰でもやみつきになる極上の珍味です。

【河内赤かぶ】

【河内赤かぶ】

焼畑農法で作られる、赤かぶ。中身まで朱色がかっている珍しい品種です。

【若狭牛】

【若狭牛】

明治時代から食されている、伝統ある和牛。福井の豊かな自然のもと育てられています。

【水ようかん】

【水ようかん】

福井の場合、水ようかんの旬は“冬”。家族が揃うお正月の定番のお菓子です。

【くずまんじゅう】

【くずまんじゅう】

日本三大くずのひとつ熊川くずは、厳寒の冬に「寒ざらし」という作業により作られます。

【敦賀ラーメン】

【敦賀ラーメン】

県外からも多くの人が食べに来るほどの味を誇ります。夜には屋台ラーメンが並びます。

【若狭がれい】

【若狭がれい】

冬の冷たい風にさらして一夜干しした、ほのかな甘味が際だつ皇室献上品です。

【ソースカツ丼】

【ソースカツ丼】

薄くスライスしサクッと揚げたカツを、秘伝のタレに漬けて・・・。ほかほかごはんにピッタリです。

【若狭ぐじ】

【若狭ぐじ】

若狭湾のアカアマダイで、和食の最高級食材。上品な味わいの「若狭焼き」でどうぞ。