福井ブランド大使マイページにログインする

文字サイズの変更 小中大

English


ふくいブランド > ふくいブランドとは?

地域ブランドの創造をめざして~~ビジネスの視点に立った地域の活性化

 地方分権新時代を迎え、地方は自らの主体性・独創性を発揮し、全国との競争の中で地域のイメージと評判を確立していくことが、極めて重要な課題の1つになっています。
 「安全」、「健康」、「本物」を求める消費者の志向、「癒し」、「やすらぎ」を求める都市住民のニーズが高まっている中、地方の産地や観光地、生産者を抱える地域は、全国を相手とした新たなビジネスを展開するチャンスを迎えているといえます。
 福井県には、全国に誇れる自然、歴史・文化、食、観光地、特産品、産業などの「地域資源」が存在しますが、それぞれの単体では、全国の人々の関心を惹きつけ、愛着や満足度を持って受け入れられるだけの強い個性や比較優位を有しているものは必ずしも多くありません。
 今後、県内の各地域がその特性を活かしながら地域経済の活性化を図り、また、自らの地域の魅力や実力を県外に強くアピールしていくためには、それぞれの地域資源を「地域ブランド」へと磨き上げ、全国へ発信していくという、県民の皆さんの主体的な活動が必要不可欠です。
 この「地域ブランド」の創造は、地域の様々な資源を組み合わせてストーリー性を持たせるなど、付加価値を高め、全国に向けて売り込んでいくという地域のビジネスとして取り組むことで継続性がもたらされ、地域にとって長期的な利益の源泉となります。

地域ブランド

その地域に存在する自然、歴史・文化、食、観光地、特産品、産業などの地域資源の「付加価値」を高め、他の地域との差別化を図ることにより、市場において情報発信力や競争力の面で比較優位を持ち、地域住民の自信と誇りだけでなく、旅行者や消費者等に共感、愛着、満足度をもたらすもの

ふくいブランドの進化について~本県全体のブランドイメージの構築~

 地域の観光や物産などを全国に向けて売り込んでいく場合、地域全体の良いイメージが重要です。
 地域全体の良いイメージは、個々の地域ブランドの積み重なりから醸し出されるものであり、個々の地域ブランドの商品価値を押し上げるだけでなく、地域の求心力を高める上でも大きな効果を発揮し、それが結果として、より強い地域ブランドを育む推進力にもなります。
 しかし、本県には、全国の人々の間にしっかりと定着した県全体の良いイメージがありません。
 そこで、福井県においては、男女とも平均寿命が全国第2位(平成12年)という長寿県であることを踏まえ、個々の地域ブランドを関連づけるキーコンセプトの1つに「健康・長寿」を仮定し、その下に個々の地域ブランドが幾重にも重なり合い集結することで醸し出される本県全体のイメージ、すなわち「ふくいブランド」が、全国の人々から好感を持って受け入れられるものとなるよう、地域とともに取り組みます。

ふくいブランド

個々の地域ブランドから連想され、また、幾重にも重なり合い集結された福井県全体のブランドイメージ