福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 十王像 │ もくぞう じゅうおうぞう │


木造 十王像
員数 13躯
指定
種別 有形文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 区管理
所在地 越前市
指定年月日 昭和45. 5. 8
指定番号 福井県指定第158号


 
  十王とは、(一)泰広王、(二)初江王、(三)宋帝王、(四)五官王、(五)閻羅王、(六)変成王、(七)太山王、(八)平等王、(九)都市王、(十)五道転輪王の十王で、冥府で亡者の罪の軽重を定める裁判官のような役目をするという。往生浄土思想とともに盛んであったが、現在、十王像が全て揃っているのは県下では少ない。制作は室町期~江戸時代である。像高40~20cm。寄木造りの小坐像群である。