福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 十一面観音立像 │ もくぞう じゅういちめんかんのんりゅうぞう │


木造 十一面観音立像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 羽賀寺
所在地 小浜市
指定年月日 明治34. 8. 2
指定番号 彫2137号


 
  本像は頭上に十一面を戴き、左手で蓮華を挿した水瓶を持ち、右手を垂下して施無畏印を結び、蓮華座上に立つ姿の十一面観音立像である。長い間、秘仏であったことから彩色が鮮やかに残っている。桧材の一木造で、内刳りは施されていない。部分的に木屎漆によって形が整えられている。制作は平安時代前期と考えられている。像高は146.4cm。