福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 追儺面(父鬼、子鬼) (附 木造 追儺面(母鬼) 1面) │ もくぞう ついなめん(ちちおに、こおに) │


木造 追儺面(父鬼)

写真一覧へ

員数 2面
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 鎌倉時代
管理者 加多志波神社
所在地 鯖江市
指定年月日 昭和47. 5.30
指定番号 彫3271号
 

  追儺面は追儺という、かつて大晦日に宮中で行われていた鬼払いの儀式に用いられた面である。
  加多志波神社の追儺面は父鬼面、母鬼面、子鬼面の三面が残っており、三面一具として伝えられてきた。父鬼面は額に2本の角を持ち、口を大きくあけて牙を見せる忿怒の形相である。裏面に朱漆による修理銘が残る。制作は鎌倉時代。寸法は31.5cm×23.6cm。子鬼面は頭頂に前後に並ぶ2本の角を持ち、口を閉じて両端に二本の牙を見せる。裏面に銘があり、かつてこの地にあった蓮華寺の修正会に用いられていたことがわかる。制作は鎌倉時代。寸法は27.6cm×21.4cm。附指定の母鬼面は、大部分が後の修理の際に補われたものである。寸法は29.0cm×26.8cm。