福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 馬頭観音坐像 │ もくぞう ばとうかんのんざぞう │


木造 馬頭観音坐像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 馬居寺
所在地 高浜町
指定年月日 昭和55. 6. 6
指定番号 彫3349号
 

  馬居寺は真言宗高野山派の寺院で、縁起では聖徳太子の創建と伝えられている。
  本像は馬居寺の本尊で、三面八臂の馬頭観音坐像である。胸前で馬口印を結び、右膝を立てて左足裏を見せて坐す。桧材の割矧造で、穏やかな表現の像である。
  馬頭観音像はその忿怒の形相によって様々な魔障を砕き、日輪となって衆生の暗を照らし、苦悩を絶つとされている。六観音のひとつとされ、独立して信仰の対象とされることは少ないが、松尾寺や中山寺、馬居寺など、青葉山周辺は馬頭観音像が多く残っている。制作は平安時代、像高は100.3cm。