福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 千手観音立像 │ もくぞう せんじゅかんのんりゅうぞう │


木造 千手観音立像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 妙楽寺
所在地 小浜市
指定年月日 昭和30. 2. 2
指定番号 彫3013号
 

  本像は頭頂に二十一面を戴き、正面と脇面2面を合わせ24面を持つ、珍しい千手観音立像である。通常、よくみられる千手観音菩薩像は42本の腕によって千手とすることが多いが、この像は42本の腕の間にそれより小さい腕と、さらに小さく細かい腕を付け足すことで、千本の腕を表現している。桧材の一木造で、制作は平安時代。像高は176.3cm。