福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 不動明王立像 │ もくぞう ふどうみょうおうりゅうぞう │


木造 不動明王立像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 明通寺
所在地 小浜市
指定年月日 昭和16.11. 6
指定番号 彫236号
 

  本像は左手を降ろして羂索を執り、右手を腰に当てて宝剣を持って台座上に直立する不動明王立像である。巻髪で左に弁髪を垂れ、眼は左目をわずかに閉じる天地眼とし、上の歯で下唇を噛む。
  明治5年(1872)に不動明王像が焼失したことから、当時、羽賀寺に安置されていた本像を譲り受けたという。桧材の一木造で制作は平安時代後期。像高は161.8cm。