福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 降三世明王立像 │ もくぞう ごうざんぜみょうおうりゅうぞう │


木造 降三世明王立像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 明通寺
所在地 小浜市
指定年月日 昭和16.11. 6
指定番号 彫235号
 

  本像は4つの顔と8本の腕をもち、左足で大自在天、右足でその妃である烏摩を踏みつけて立つ降三世明王立像である。髪の毛を逆立たせ、眼を大きく見開き、口を開けて牙を見せる。胸前の真手は降三世印という独特の印を結び、他の腕で弓矢や剣などを持つ。桧材の一木造で、制作は平安時代後期。像高は252.4cm。