福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 深沙大将立像 │ もくぞう じんじゃだいしょうりゅうぞう │


木造 深沙大将立像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 明通寺
所在地 小浜市
指定年月日 昭和16.11. 6
指定番号 彫237号
 

  本像は左手で蛇をつかみ、右腕を大きく振り挙げて戟をつかみ、台座上に立つ深沙大将立像である。髪を逆立たせ、頭頂に髑髏を載せ、眼を大きく開き、口を強く閉じて怒りの形相をあらわす。深沙大将は多聞天の化身とも言われ、平安時代に常暁という僧侶が、中国で信仰されていたのを日本に請来したという。大般若経の守護神として十六善神図に描かれることが多い。桧材の一木造で、制作は平安時代後期。像高は256.6cm。