福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 阿弥陀如来坐像 │ もくぞう あみだにょらいざぞう │


木造 阿弥陀如来坐像
員数 1躯
指定
種別 有形文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 中山寺
所在地 高浜町
指定年月日 昭和31. 3.12
指定番号 福井県指定第48号
 

  中山寺は真言宗御室派の寺院で、奈良時代に泰澄が開いたと伝えられている。
  本像は本坊に安置されている像で、『若州管内社寺由緒記』に「中山仁王門の外に、長三尺の阿弥陀木像有 行基の御作也 由来不明」と記されている像に当たるものと考えられている。
  上品下生の来迎印を結び、偏袒右肩の衲衣をまとい、蓮華座上に結跏趺坐する通形の阿弥陀如来坐像である。桧材の割矧造で、制作は平安時代後期、像高は83.7cm。