福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 馬頭観音坐像 │ もくぞう ばとうかんのんざぞう │


木造 馬頭観音坐像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 鎌倉時代
管理者 中山寺
所在地 高浜町
指定年月日 昭和42. 6.15
指定番号 彫3234号
 

  中山寺は真言宗御室派の寺院で、奈良時代に泰澄が開いたと伝えられている。
  本像は中山寺の本尊で、頭頂には髻を結い、天冠台上に馬面をいただく。三面八臂の像で、胸前で馬口印を結び、右膝を少し上げて両踵を合わせて足裏を見せて座る。写実的な表現は巧みで、本像の作者は正統の南都系仏師と考えられている。
  馬頭観音像はその忿怒の形相によって様々な魔障を砕き、日輪となって衆生の暗を照らし、苦悩を絶つとされている。六観音のひとつとされ、独立して信仰の対象とされることは少ないが、松尾寺や中山寺、馬居寺など、青葉山周辺は馬頭観音像が多く残っている。
  桧材の寄木造で、制作は鎌倉時代、像高は79.3cm。