福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 金剛力士立像 │ もくぞう こんごうりきしりゅうぞう │


木造 金剛力士立像

写真一覧へ

員数 2躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 鎌倉時代
管理者 中山寺
所在地 高浜町
指定年月日 昭和55. 6. 6
指定番号 彫3350号
 

  中山寺は真言宗御室派の寺院で、奈良時代に泰澄が開いたと伝えられている。
  本像は中山寺の山門に安置されている像である。阿形は、頭頂には髻を結い、腰を捻って立ち、両臂を左右に強く張り出して立つ。吽形は腰を左に捻って左手は5指を開いて後方に伸ばし、右手は拳を作って顔にかざして立つ姿である。このような両手の構えは他に例がなく珍しい。
  桧材の寄木造で、表情や筋肉の表現などは写実的で、本尊同様、像の作者は正統の南都系仏師と考えられている。
  制作は鎌倉時代、像高は阿形が282.0cm、吽形が267.2cm。