福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 男神坐像(伝天津日高日子穂穂出見命) │ だんしんざぞう(でんあまつひこひこほほでみのみこと) │
 木造 男神坐像(伝塩椎神)           │ だんしんざぞう(でんしおづちのかみ) │


木造 男神坐像(伝天津日高日子穂穂出見命)

写真一覧へ

員数 2躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 大虫神社
所在地 越前市
指定年月日 平成 6. 6.28
指定番号 彫3444号
 

  大虫神社は社伝によると、崇神天皇の7年に創建されたという。垂仁天皇のころにイナゴが大発生したため、祈願したところ、たちどころに死滅したという。そのことから社名も大虫神社となったという。
 天津日高日子穂穂出見命坐像は、主神として本社社殿に安置されている像で、幞巾頭冠をかぶり、袍を着け、拱手して笏をとり、結跏趺坐する男神坐像である。桧材の一木造で内刳りは施さない。制作は平安時代、像高は57.0cm。
 伝塩椎神坐像は摂社の塩土社に安置されている像で、巾頭冠幞をかぶり、袍を着け、拱手して笏をとり、正座する男神坐像である。桧材の一木造で内刳りは施さない。制作は平安時代、像高は47.9cm。