福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造聖観音立像 │ もくぞうしょうかんのんりゅうぞう │




員数 1躯
指定
種別 有形文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 青蓮寺
所在地 美浜町
指定年月日 平成24年3月23日
指定番号 福井県指定第391号

 

  青蓮寺(しょうれんじ)は養老元年(717)に泰澄(たいちょう)が創建したと伝えられる真言宗の寺院である。聖観音立像は青蓮寺の本尊として祀られてきた仏像で、一木造、作風から平安時代前期の制作と考えられる。
中国からもたらされた檀像(だんぞう)(白檀(びゃくだん)や紫檀(したん)などの香木を用いて作られた仏像)の影響をうけて、日本にある木材で作られた代用檀像と考えられる。像高が53.5㎝と小像であるが、丁寧に彫出された仏像で、右膝を軽くまげ、腰をひねる体のラインは自然に優美に表現されており、体躯のバランスもよく、造形的に優れた仏像である。