福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 木造 阿弥陀如来坐像 │ もくぞう あみだにょらいざぞう │


木造 阿弥陀如来坐像
員数 3躯
指定
種別 有形文化財 / 彫刻
時代 平安時代
管理者 多田寺
所在地 小浜市
指定年月日 平成 7. 4.21
指定番号 福井県指定第290号
 

  これら3像は、偏担右肩の衲衣を付け、来迎印を結び、結跏趺坐する阿弥陀如来坐像である。それぞれ法量は異なるが、木取りの構造、彫成の手法等は全く同じで、平安時代後期の制作と考えられる像である。桧材の割矧造で、彫眼、漆箔。像高は92.5㎝、91.5㎝、144.5㎝。