福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 木造 千手観音立像 (附 木造 不動明王・毘沙門天立像 2躯) │ もくぞう せんじゅかんのんりゅうぞう │


木造 千手観音立像
員数 1躯
指定
種別 重要文化財 / 彫刻
時代 鎌倉時代
管理者 谷田寺
所在地 小浜市
指定年月日 昭和61. 6. 6
指定番号 彫3387号
 

  谷田寺は真言宗の寺院で、縁起によると養老5年(721)に泰澄が開いたという。
  本像は谷田寺の本尊で、11面42臂の通形の千手観音立像である。脇侍である不動明王像、毘沙門天像(附指定)とともに祀られてきた。榧材の寄木造で、彫眼、内刳りが施されている。像内には当初の納入品とみられる千手観音摺仏(18.5cm×13.4cm)が納められていた。制作は鎌倉時代と考えられる。
  不動明王像は、檜材で彫眼、毘沙門天像は玉眼とし、構造は異なるが、作風から2体は同時の作とみられる。なお、本寺所蔵の弘安11年(=正応元年(1288))の文書には本堂五間四面本尊千手の存在が記されている。像高は161.2cm。