福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 絹本著色 彦火火出見尊絵巻 │ けんぽんちゃくしょく ひこほほでみのみことえまき │




明通寺 絹本著色 彦火火出見尊絵巻
員数 6巻
指定
種別 有形文化財 / 絵画
時代 江戸時代
管理者 明通寺
所在地 小浜市
指定年月日 平成11. 4.23
指定番号 福井県指定第312号
 

  彦火火出見尊絵巻は、記紀の神話に見られる海幸彦・山幸彦の説話を絵巻に表したものである。
  『看聞御記』の嘉吉元年(1441)の記事によると、本絵巻の原本は、若狭国松永庄新八幡宮に『伴大納言絵巻』(国宝・出光美術館蔵)・『吉備大臣入唐絵巻』(ボストン美術館蔵)とともに伝わったことがわかる。これら3本の絵巻は、その後別当寺の明通寺にあったが、藩主酒井忠勝によって徳川家光に献上され、その際、明通寺のために狩野大学種泰によって模本六巻が作られた。狩野種泰は狩野松栄の門人、内匠助種永の子で、将軍家光・家綱の二代にわたって御用絵師を勤め、寛文9年(1669)54歳で没している。本絵巻は、酒井忠勝の若狭転封の寛永11年(1634)からの家光の薨ずる慶安4年(1651)までの間、彼が三十代前後の若い時期に制作されたものであると考えられる。