福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 絹本著色 主夜神像 │ けんぽんちゃくしょく しゅやしんぞう │


西福寺 主夜神像
員数 1幅
指定
種別 重要文化財 / 絵画
時代 高麗時代
管理者 西福寺
所在地 敦賀市
指定年月日 明治33.4.7
指定番号 絵308
 

  西福寺は縁起では応安元年(1368)に良如上人が開山した寺院で、敦賀という土地柄からか、大陸から請来された文物が多く伝わる。
  主夜神は夜を司り、衆生の危険や恐怖を除く神とされる。朝鮮では海上交通の守護神として広く信仰されていたようである。画中に「功徳主或安郡夫人」の銘があることから、朝鮮で制作されたものと考えられる。また裏面には宋人朱仁聡が寄進したと記されている。
  本図は紺地に繊細な金泥で描かれている。画面中央に大きく主夜神像を、上部の円相中に観音を、下部に善財童子を描く。制作年代は高麗末と考えられる。寸法は縦161.0cm、横91.0cm。