福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 紫絹金銀泥絵 阿弥陀八大菩薩像 │ しけんきんぎんどろえ あみだはちだいぼさつぞう │


善妙寺 紫絹金銀泥絵 阿弥陀八大菩薩像
員数 1幅
指定
種別 有形文化財 / 絵画
時代 高麗時代末期
管理者 善妙寺
所在地 敦賀市
指定年月日 平成12. 3.21
指定番号 福井県指定第324号
 

  本図は、紫絹に金銀泥で画面中央に阿弥陀如来と、その前面左右に八大菩薩像を描いたものである。本図は「八大菩薩曼荼羅経」によって阿弥陀如来を中尊とし観音菩薩・弥勒菩薩・虚空蔵菩薩・普賢菩薩・金剛手菩薩・文殊菩薩・除蓋障菩薩・地蔵菩薩を配したものと考えられる。
  表装裏面の銘から、寛永4年(1627)に筑前からもたらされたものであること、文化4年(1807)修復されたことなどがわかっている。
  本図は、描写上の特徴から、高麗よりの渡来品であり、制作は高麗時代末期14世紀後半頃と考えられる。寸法 縦155.0cm、横146.0cm。