福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 えちぜん鉄道志比堺駅本屋 │ えちぜんてつどうしいざかいえきほんや │


員数 1棟
登録
種別 登録有形文化財 / 建造物
時代 昭和12年(1937)頃
管理者 えちぜん鉄道株式会社
所在地 永平寺町志比堺
登録年月日 平成23.7.25
登録番号 18-0097
 

  現在のえちぜん鉄道勝山永平寺線の志比堺駅は、大正3年(1914)の開駅から場所を変え、昭和12年(1937)頃に現在地に建てられたという。駅周辺は、九頭竜川と山に挟まれ、平地が少ない地域であるためか、集落よりもかなり高い位置に建てられている。
  木造平屋建、屋根は切妻造鉄板葺である。桁行10m、梁間2.8m。線路側の屋根を葺き降ろしてホーム上屋とする。全体的に飾り気のない簡素な建物であるが、入口の庇や改札口カウンターの持送りに装飾的なデザインがみられる。
 
大きな地図で見る