福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 旧谷口家住宅 │ きゅうたにぐちけじゅうたく │


旧谷口家住宅
員数 1棟
指定
種別 重要文化財 / 建造物
時代 江戸後期(文化5年頃)
管理者 越前市
所在地 越前市余川町
指定年月日 昭和52. 1.28
指定番号 建2016
 

  旧谷口家住宅は入母屋造茅葺平入の建物で、越前Ⅰ型に分類される。オユエの前方にカマヤを、後方にブツマをつのやとして拡張し、さらに上手に下屋を付し、ザシキ、コマ、ダイドコ、ヘヤなどとする。オユエは板張になっていたが、移築時に土座に復原された。
  建築年代についての確かな史料はないが、当家に伝わる文書などから、文化5年(1808)ころに建てられたと考えられている。その後何度かの増改築がなされたが、越前Ⅰ型の前後につのやを付した姿は、建築当初からであったと考えられている。
 
大きな地図で見る