福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 堀口家住宅 │ ほりぐちけじゅうたく │


堀口家住宅
員数 1棟
指定
種別 重要文化財 / 建造物
時代 江戸中期
管理者 池田町
所在地 今立郡池田町稲荷
指定年月日 昭和44.12.18
指定番号 建1759
 

  堀口家は須波阿須疑神社十二軒衆の一軒で、代々三郎兵衛を名乗り、庄屋を勤めたこともある旧家である。
  当住宅は入母屋造茅葺平入の建物で、破風口は小さく、特に装飾は施されていない。平面は桁行7間、梁間5間で、西部分は土間のニワで、その西南隅にウマヤを設ける。東部分の前3分の2は土座のオイエ、その背面にカミノマとナカノマの2室を配する。このような間取りは嶺北地方南部の今立、南条、丹生郡に分布し、越前Ⅰ型と呼ばれている。   建築年代は構造手法から18世紀初めごろとみられるが、創建後ほどなく移築されたことが、解体修理の際に判明した。当住宅は木柄が太く梁間も大きいが、間取り、構造、仕上げともに古風で、近世前中期の越前Ⅰ型を代表する古民家である。

大きな地図で見る