福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

誠照寺四足門 │じょうしょうじ しそくもん│


誠照寺四足門
員数 1棟
指定
種別 有形文化財 / 建造物
時代 江戸後期 安永8年(1779)
管理者 本山誠照寺
所在地 鯖江市本町
指定年月日 平成19. 4.20
指定番号 福井県第360号
 

  誠照寺は浄土真宗越前三門徒派の中心寺院として専照寺、誠照寺と共に栄えてきた寺院である。元応三年(=元亨元年(1321))に現在地に寺域を定め、鯖江町形成の基となったとされる。
  四足門は誠照寺の表門で、正面柱間7.08m、側面柱間4.67m、一間一戸四脚門形式、入母屋造桟瓦葺の建物である。笏谷石四半敷床面に礎石・礎盤を置き、円柱を建て、これを長押、貫、虹梁で固める。細部の様式は、禅宗様を基調とする折衷様で、欅の相を活かした装飾彫刻が各所に見られる。安永8年(1779)の建立と判断される。なお棟札には建立に加わった工匠として、棟梁大工瀧波勇七他小工4名も記されている。この四足門は、四脚門形式としては県内最大規模であり、彫刻装飾等もすぐれており、江戸時代後期の寺社建築の特徴を良く示すものである。
 
大きな地図で見る