福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 常宮神社 本殿・拝所・中門 │ じょうぐうじんじゃ ほんでん・はいしょ・ちゅうもん │




写真一覧へ

員数 3棟
指定
種別 有形文化財 / 建造物
時代 本殿:江戸中期 正徳3年(1712)
拝所:江戸末期
中門:江戸中期 宝暦12年(1726)
管理者 常宮神社
所在地 敦賀市常宮
指定年月日 昭和57. 4.23
平成21.3.31追加指定
指定番号 福井県第227号
 

  常宮神社は、大宝3年(703)、勅命によって社殿の修造があったと伝えられる古社で、気比神宮(敦賀市)の境外摂社として崇敬を集めてきた。
  本殿は、前室三間社流造の形式を持つ比較的大形の建物で、古くは檜皮葺であったが、現在は銅板葺となっている。正面6.07m、側面5.00mおよび向拝2.49mの規模を持ち、身舎は円柱、前室および向拝は角柱とする。各部の装飾形式等は焼失した気比神宮本殿(16世紀)と共通点が多く、気比神宮本殿の両流造の後部を省略して成立したのがこの本殿といえるかもしれない。
  本殿に接する拝所は、正面1間、側面2間の四脚門形式の向唐門であったようで、伝えられるとおり、気比神宮の門の移築である。
 
大きな地図で見る