福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 気比神宮大鳥居 │ けひじんぐうおおとりい │


気比神宮大鳥居
員数 1基
指定
種別 重要文化財 / 建造物
時代 江戸前期 正保2年(1645)
管理者 気比神宮
所在地 敦賀市曙町
指定年月日 明治34.3.27
指定番号 建0185
 

  気比神宮は、弘仁元年(810)の創建と伝えられる越前国一の宮で、古代・中世にはその勢力を誇ったが、戦国の動乱期に朝倉氏とその命運をともにした。その後、慶長年間(1596~1614)に結城秀康の援助を受け復興を遂げた。
  本殿は、三間社両流造という独特の形式を持ち、近世初期を代表する建築であったが戦災で焼失した。大鳥居は、康永2年(1343)の暴風で倒壊していたものを、正保2年(1645)に佐渡から流れてきた大木を用いて再建したと伝えられている。木造朱塗の両部鳥居で、高さ10.93m、主柱間7.45mである。笠は銅板で葺き、八角の控柱の上に笏谷石製の笠を載せ、基礎部もまた笏谷石とする。大規模な漆塗の鳥居である。
 
大きな地図で見る