福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 旧旅籠若狭屋 │きゅうはたごわかさや │


員数 1棟
登録
種別 登録有形文化財 / 建造物
時代 江戸末期
管理者 個人
所在地 南越前町今庄
登録年月日 平成23. 7.25
登録番号 18-0103
 

 旧旅籠若狭屋は北陸街道の宿場町として栄えた今庄宿の旅籠として建てられた。木造2階建、現在の屋根は切妻造鉄板葺であるが、当初は板葺きだったという。間口10m、奥行9.5m。
 正面中央に玄関を設け、その両脇は平格子とする。2階部も全面を太い格子を構え、両脇には袖ウダツを設ける。2階に客座敷を設ける旅籠であるため、通常の町屋としては2階部の階高が高い。
 天保年間(1830~1844)の記録によると、今庄宿には55軒もの旅籠があったという。旧旅籠若狭屋は、宿場町として栄えた今庄宿の当時をしのぶことができる数少ない遺構である。
 
大きな地図で見る