福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 銅鐘 │ どうしょう │



指定
種別 重要文化財 / 工芸品
員数 1口
時代 鎌倉時代 嘉暦2年・1327年
管理者 永平寺
所在地 永平寺町
指定年月日 大正10. 4.30
指定番号 工124号
 

 高さ134cm、直径86cm。鋳銅で鐘身はやや胴張りがあり、乳は五段四列を配し、龍頭の長軸線上にある撞座は八葉蓮弁で、縦帯は襷形とする。この鐘には、嘉歴二年(1327)八月二四日、永平寺五世の義雲が、領主波多野通貞の援助を受けて鋳造させたとの銘がある。永平寺には、大小いくつかの鐘があったが、戦時中に供出され、この鐘のみが残された。長年の風雪に耐え、古色蒼然とした鐘あり、美しい音を志比の谷間に響かせていたが、現在は宝物館にて保存されている。