福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 鉄製 銀象眼冑 │ てつせい ぎんぞうがんかぶと │


指定
種別 重要文化財 / 工芸品
員数 1頭
時代 南北朝時代
管理者 藤島神社
所在地 福井市
指定年月日 明治33. 4. 7
指定番号 工121号
 

  この冑は明暦年間(1655~1657)に吉田郡福万町(現在の福井市新田塚)の燈明寺畷の水田から掘り出されたものである。代々越前松平家の秘蔵品であったが、明治10年(1877)に松平茂昭が藤島神社に奉納した。
  銀で唐草文を象眼した42間の筋冑で、鉢の外側面に宮中守護の三十番神号、裏に元応元年(1319)八月と刻字があることから、新田義貞所用の冑と伝えられる。なお、燈明寺畷は延元3年(=北朝:暦応元年(1338))に、義貞が戦死した地と伝えられている。