福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 太刀(銘 則重) │ たち(めい のりしげ) │


指定
種別 重要文化財 / 工芸品
員数 1口
時代 鎌倉時代
管理者 藤島神社
所在地 福井市
指定年月日 昭和 5. 5.23
指定番号 工1279号
 

 本刀は新田義貞の弟である脇屋義助が佩用した太刀と伝えられている。長さ70.6cm、反り2.5cm。形状は鎬造、庵棟。則重と銘があるが、則重は、越中国呉服郷(現、富山市五福)の住人で、正宗と共に新藤五国光の門で、鎌倉時代末の刀工である。作刀の大部分は短刀で、太刀は本刀の他にわずかに1口が知られるにすぎない。