福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 朝鮮鐘 │ ちょうせんしょう │


朝鮮鐘
指定
種別 国宝 / 工芸品
員数 1口
時代 新羅 大和7年(833) 
管理者 常宮神社
所在地 敦賀市
指定年月日 昭和27.11.23
指定番号 工78号
 

 この鐘は、中国や我が国のものと異なり、鐘身に縦横の紐をもたず、鐘の上の肩帯・下の口帯には海磯文様を連続させる。下方には八葉蓮弁の撞座と、天衣を翻す飛天二体を、胴の四囲に交互に配する。銘文には「太和七年三月日菁州蓮池寺」とあり、大和7年(833)に菁州の蓮池寺の鐘として造られたものである。社伝によると、慶長2年(1597)に大谷吉継が豊臣秀吉の命を受けて奉納したものであるという。我が国に渡来する朝鮮鐘のうちでは、製作年代が最も古く、文様も巧みに鋳出されている。総高111.5cm、口径66.7cm。