福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 金銅宝相華文磬 │ こんどうほうそうげもんけい │


指定
種別 国宝 / 工芸品
員数 1面
時代 平安時代 
管理者 滝谷寺
所在地 坂井市
指定年月日 昭和28. 3.31
指定番号 工101号
 

  磬は中国起源の打楽器で、日本では銅・鉄製で主に声明の合図に用いられた。
  滝谷寺の磬は鋳銅渡金で、肩幅23.8cm、裾張り27.0cm、高さ9.5cm、縁厚さ0.7~0.9cm。表裏面ともに、中央に蓮華の撞座を、その左右に宝相華文を線刻し、隙間に魚々子が打たれている。裏面撞座の左右に「奉施入」「文珠寺」と刻銘があるが、後のものと見られる。山形が低く、薄手に作られているなど、その様式は古風で、平安時代後期の制作と考えられる。