福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 袈裟襷文銅鐸 │ けさたすきもんどうたく │



指定
種別 有形文化財 / 考古資料
員数 1口
時代 弥生時代
管理者 坂井市
所在地 坂井市
指定年月日 昭和57. 4.23
指定番号 福井県指定第233号


 
  本銅鐸は、坂井市坂井町米ヶ脇で鉄道敷設工事に伴い、大正13年(1924)に丘陵斜面の深さ約60㎝のところから発見されている。総高42.1㎝(鈕部分の高さ11.1㎝、鐸身の高さ31.0㎝)で、鐸身底部の長径が22.4㎝、短径10.8㎝を測る。鐸面には4区画の袈裟襷文様が施され、斜格子状に施文されている。袈裟襷文帯は、縦帯が先行し、横帯がそれを区切る形をとっている。鰭部は、底幅2.2㎝、高さ1.8㎝を1単位とする複合内向鋸歯文が飾られている。なお、鈕の一部が欠損し、鐸面全体がやや磨耗しているも原形はよく保っている。