福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 龍泉寺庭園 本堂西庭・庫裡北庭 │ りゅうせんじていえん ほんどうさいてい・くりほくてい │


指定
種別 名勝
管理者 宗教法人 龍泉寺
所在地 小浜市新保
指定年月日 平成27年3月31日


 

  龍泉寺は曹洞宗の寺院で、若狭武田氏により天文10年(1541)に創建されている。庭園は、江戸時代中期と江戸時代末期に作庭されている。

庭園は本堂を挟み、西側と東側に分かれる。西側の本堂西庭は、岩盤が顔を出した急斜面の山地を背景に、要所に多くの庭石組を配した、豪壮な回遊式林泉庭園である。山裾の本堂に沿って横長の園地が設けられる。東側の庫裡北庭は、杉林の山地を背景にし、小規模ながらまとまった趣のある回遊式林泉庭園である。斜面裾に瓢形の園地が設けられる。