福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する
 

 円照寺庭園 │ えんしょうじていえん │


神子の桜

指定
種別 名勝
管理者 円照寺
所在地 小浜市尾崎
指定年月日 平成13. 4.20
 

  円照寺は、もと真言宗の寺院であったが、文安元年(1444)現在地に移り、臨済宗に改宗している。庭園は、方丈の南側から西側にかけて作庭されており、自然地形を利用した座観式林泉庭園である。山裾には、馬蹄形に近い形状の池が掘られている。池は狭いため中島は作られず、正面の汀の中央に礼拝石が据えられ、対岸は出島状に張り出している。斜面上方に滝石組を兼ねた三尊石組があるが、際立った滝副石や水落石はみられない。池尻(右方)に自然石の石橋が架けられているが、橋挟石は添えられていない。庭園の北側には、寛政7年(1795)の建立の銅板葺寄棟造の大日堂がある。本来は僧堂であったと思われる。  
大きな地図で見る