福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 城福寺庭園 │ じょうふくじていえん │


城福寺庭園

指定
種別 名勝
管理者 城福寺
所在地 越前市五分市町
指定年月日 昭和52. 2. 2


 
  城福寺は、真宗出雲路派の寺院で、寛永元年(1624)に寺域を現在地に移したと伝えられている。庭園は、庫裏の南側に位置し、文室山などの日野山系の山並みを借景とした枯山水庭園である。書院の南面に小築山を築き、その中心に高さ116cmの本尊石が据えられ、前面の平地に鮮苔類が広がっている。そこには礼拝石を中心に舟島、鶴島、亀島を配す。庭園の東西には2神石が据えられている。江戸時代中期の作庭手法をよく伝える庭園である。築山上には、柊の巨木が植わっている。  
大きな地図で見る