福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 今戸鼻 │ いまどばな │


今戸鼻

指定
種別 名勝
管理者 高浜町
所在地 大飯郡高浜町音海
指定年月日 昭和31. 3.12
 

  内浦湾を取り囲む音海半島北側に位置し、西端は押回鼻から、東端は今戸鼻に至る延長約2.5kmの大海崖地域の範囲である。若狭湾一帯は、日本海岸側でも顕著な沈降性海岸であるが、この区域はその代表的なものである。地質は、粒状安山岩で非常に硬く、海蝕に強い。節理は大規模で数少ない。最大の大立海岸は、この節理面が一枚に露出したもので、海抜270m、東尋坊、蘇洞門等と比較すれば素朴大胆な風景である。崖裾には、海蝕洞が多く、酒つぼ、酢つぼ、塩つぼ等と呼ばれている。  
大きな地図で見る