福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 大火勢 │ おおがせ │


大火勢

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 福谷区
所在地 大飯郡おおい町福谷
指定年月日 昭和57. 4.23
 

  大火勢は、おおい町福谷の火勢山(桟敷山)山頂で行われる火祭りである。以前は8月23・24日に行われていたが、近年は8月14・15日に行われている。15m位の柱に茅の束を縛り付けた横木をつけ、木の葉のような形にしたカセを作り、夜になると、これに点火して何回か回転させた後に倒すということを火が消えるまで繰り返すものである。1晩だけの大火勢はカタマツといって忌み嫌われ、必ず2晩行うことになっている。愛宕講の火伏せの行事として行われ、種火は京都の愛宕神社からもらってきたものを使う。
  この祭りの由来については詳しいことはわかっていないが、江戸時代中期にはじめられたと伝えられている。
 
大きな地図で見る