福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 獅子舞 │ ししまい │



指定
種別 無形民俗文化財
管理者 赤崎獅子舞奉賛会
所在地 敦賀市赤崎
指定年月日 昭和37. 5.15
 

  敦賀市赤崎に伝わるこの獅子舞は、玉を転がすように舞う玉獅子が特徴である。また、耳や口の微妙な動かし方等、舞手には修練が求められる。
  八幡神社の秋祭りで、宵宮と本祭の2回舞われる。
  祭礼当日は、獅子頭を納めた獅子宮を舞手が担ぎ、箱提灯を持った奉賛会の人たちに守られて、公会堂から練り歩き八幡神社に到着する。五穀豊穣と悪魔退散を祈願する「鈴の舞」に始まり、獅子の好物の蟹を食べる「蟹取り」、たらふく食べた後の「寝」と続き、岡目、ひょっとこ、天狗が太鼓、鉦、ササラ、鈴等の楽器で、おかしな仕草で獅子を起こす。次の「高い山」で、舞は最高潮となり、獅子は踊り狂い千秋楽となる。
 
 
大きな地図で見る