福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 馬鹿ばやし │ ばかばやし │



指定
種別 無形民俗文化財
管理者 馬鹿ばやし保存会
所在地 福井市手寄
指定年月日 昭和37. 5.15
 

 福井市手寄の火産霊(ほむすび)神社の5月24日の例祭に奉納される。天正年間(1573~85)、一乗谷朝倉氏の御用商人、多田善四郎が火祭に仮面を奉納し、その面をかぶって囃子を教えたのが始まりとの口伝がある。
 仮面には、ひょっとこ、でめきん、お多福、翁、蛙、ベシミと呼ばれる面があり、昔は80面ばかりあったといわれるが、今は37面が残され、中には平泉寺出目作や春日作と伝えられる一品も含まれる。
 馬鹿ばやしは、面をつけ、太鼓や笛に合わせ手こっけいに所作をするのが特徴で、お多福は、腹を大きくして身重の様子をし、ベシミは豪放に振舞う。また、脇役は猿の面をつけて、おどけた仕草をするなど、茶番狂言のようである。
 
大きな地図で見る