福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 越前万歳 │ えちぜんまんざい │


越前万歳

指定
種別 重要無形民俗文化財
管理者 越前万歳保存会
所在地 越前市味真野町
指定年月日 平成 7.12.26
 

  越前万歳とは越前市味真野地区や上大坪地区に伝えられた新春の祝福芸で、古くは野大坪万歳と言われた。継体天皇にまつわる伝説などもあるが、その起源についての詳細は分かっていない。
  現在のような形態になったのは江戸時代と考えられており、毎年、越前の各藩はもちろんのこと、加賀の金沢の城下でも演じていたという。
  演目についてはかつて48段あったと言われているが、現在はそのうちの8段ほどが継承されている。
  小さい締め太鼓をエゴの木で弓形に作ったバチで叩くのが、越前万歳の特徴となっている。
 
大きな地図で見る