福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 羽根曽踊 │ はねそおどり │


羽根曽踊

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 羽根曽保存会
所在地 南条郡南越前町今庄
指定年月日 昭和39. 6. 5
 

  かつては、盆の14、15日に踊られた、優雅で振りの大きな盆踊りである。伴奏の楽器は一切使わず、本音頭と付手音頭等数名による掛合いに合わせて踊る。踊り手の袖や草履には鈴が付けられている。
  今庄西方の神帰山光明聖寺の南院で舞われた、「稚児の舞」が起源とされ、江戸時代の今庄宿隆盛時に、宿場の盆踊りとして今の形となったという。
  旅人とともに踊り明かした風情を伝え、踊り手は、百姓、町人、職人衆はもとより、武士、僧、女中、股旅、虚無僧等の下層が仮装姿をする。
  今では、今庄夏まつりと街道浪漫のイベントでに踊られている。
 
大きな地図で見る