福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 日向神楽 │ ひゅうがかぐら │


日向神楽

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 長畝日向神楽保存会
所在地 坂井市丸岡町長畝
指定年月日 昭和28. 3.19
 

  元禄8年(1695)日向国延岡城主であった有馬清純が丸岡城主に移封され、この時日向神楽の舞手を同伴し、城下諸社の祭礼に神楽を奉納させたことに由来している。
  日向神楽は天の岩戸の神話伝説がそのまま筋書きとなっている。
  宵宮には、散米、剣の舞、日の舞、柴引、問、手力男舞、戸取、真の舞、獅子舞が、本祭では、置位、綱切、策神楽、大蛇の舞、注連、柴鬼神楽などが奉納される。
  舞の種類は多く、23種類におよぶ。ほぼ同様の神楽は、今も宮崎県の各社に残る。
  毎年9月の第3土・日曜日に催される。
 
大きな地図で見る