福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 糸崎の仏舞 │ いとざきのほとけまい │


糸崎の仏舞

指定
種別 重要無形民俗文化財
管理者 仏舞保存会
所在地 福井市糸崎町
指定年月日 平成16. 2. 6


 
  隔年の4月18日のほか、32年目の大開帳と17年目の中開帳に各10日間舞われる。縁起によれば、天平勝宝(749~756)の頃、唐僧禅海上人が十一面観音菩薩像を奉じて来朝し、この地が自国の育王山の景勝に似ていることから、育王山糸崎寺と名付け開山したところ、諸々の菩薩や天女が集まり舞を舞って祝福賛美したといい、以来「仏舞」として奉納していると伝えられる。
  舞手には「仏手」、「だご仏」、「はし仏」、「念菩薩」、「角守」で、糸崎生まれの者に限られる。舞日の前後7日間は精進し、当日は塩風呂で身を清める。雅楽が奏される中、舞人は花道を通り舞台に上がり、太鼓と鉦のみで舞う。
  特に念菩薩の舞は、古典的優美な舞であり、一名「線の舞」と呼ばれる。上古の、僧舞の系統を引く舞である。
 
大きな地図で見る