福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 したんじょう行事 │ したんじょうぎょうじ │



指定
種別 無形民俗文化財
管理者 したんじょう行事保存会
所在地 福井市鹿俣町
指定年月日 昭和37. 5.15
 

  戦国大名朝倉氏が城を構えた一乗谷の谷奥にある鹿俣町で、毎年5月5日に行われる祭り。以前は男子だけが参加する祭りであったが、現在は女子も参加して行われる。
  獅子を退治して引き上げる大名行列を模したものであり、「したんじょう」は、行列の掛け声である「したに~、したに~」が訛ったものといわれる。
  当日は揃いの法被を着た子供たちが堂山に集合し、昼過ぎより行列が始まる。先駆、ほら貝、殿様、大傘持ち、挟箱、曳子、獅子かつぎ、尻尾持ちの順で総勢20余名の行列となる。獅子は長さ約3m、重さ約80kgで、マンサクの枝で作る。
  行列は「したんじょう、したんじょう」と連呼しながら練り歩き、浄善寺に着くと獅子は鞭で叩かれ、壊されるまで振り回される。
 
大きな地図で見る