福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 敦賀西町の綱引き │ つるがにしまちのつなひき │



指定
種別 重要無形民俗文化財
管理者 夷子大黒綱引保存会
所在地 敦賀市相生町
指定年月日 昭和61. 1.14
 

  正月15日、町内の漁業関係者は夷子方、農業関係者は大黒方に分かれて綱引きをし、豊漁豊作の神意をうかがう行事である。面形等に書かれた記銘から約400年前から行われていたと見られる。
  前日には、稲藁約360把を用いロープを芯として直径25cmの綱が作られる。
  15日早朝、当番の家に神殿を設けて夷子大黒を奉斎し、面形、衣裳、打出小槌などが供えられる。
  西町通りの東が夷子方、西が大黒方で、綱は軒の高さにつり渡し、魚、米俵などの飾り物がつるされる。夷子・大黒の両神は町内に住む厄年(42歳)の者が扮する。午後には、町内巡幸、次いで飾り物を奪い合う左義長倒しの行事が行われたのち、見物人が思い思いの方にとりつき綱引きが始まる。
  夷子方が勝てば豊漁、大黒方が勝てば豊作という占いが出て、綱引きはめでたく終了する。
 
大きな地図で見る