福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 和久里壬生狂言 │ わくりみぶきょうげん │


和久里狂言

指定
種別 無形民俗文化財
管理者 和久里壬生狂言保存会
所在地 小浜市和久里
指定年月日 昭和61. 3.28
 

  和久里壬生狂言とは小浜市和久里の西方寺境内にある市の塔の七年供養会に三日間奉納される無言劇の狂言である。これは、京都の壬生寺の壬生狂言を習い伝えたものであると言われている。かつては小浜の永三小路で行われていたが、宝篋印塔が西方寺に移されたことから、和久里の人々が永三小路の狂言師から学び、奉納するようになった。
  戦時中に中断したが、区民の熱意により復活し、現在も7年ごとに奉納されている。現在9演目が演じられており、そのなかには壬生寺ですでに演じられなくなってしまった演目もある。
 
大きな地図で見る