福井の文化財

 
福井県内の文化財 埋蔵文化財 ふくい民俗芸能等群認定制度
印刷する

 

 睦月神事 │ むつきしんじ │



指定
種別 重要無形民俗文化財
管理者 賀茂神社睦月神事保存会
(賀茂神社睦月神事奉賛会)
所在地 福井市大森町
指定年月日 昭和53. 5.22
 

  往時は、志津庄の8ヶ村を4組に分け、毎年交替で賀茂神社に奉納していたが、現在は4年に1回、大森区で行われている。田遊びの形が良く伝承されている。
  2月14日(第3日曜日)の朝、神社参拝後、みこしを中心に行列を整え、祭場(睦月神事会館)まで練り歩く。会館に着くと、明神まいり、油おし等の行事を行った後、米俵4俵の上に戸板を載せた舞台で、「ささら」、「ささいや」などを幼少年が舞う。
  続いて「はやし」および「太夫」が始まり、「扇本」、「士官取太夫」、「田ばやし」、「士官取太夫」、「蚕ばやし」、「士官取太夫」、「福道」、「献魚ばやし」、「士官取太夫」、「苗取歌」、「十二段文太鼓と手拍子」の順に演じられる。
  区には、安政6年(1859)の賀茂臨時祭記等の記録が残されている。
 
大きな地図で見る